2014年02月20日

DSC_4299-s2.jpg



以前掲載した「ボケがボケるレンズ」で紹介した改造レンズを改良し、光学性能を大幅に向上させました。

※専用ページにて、解説・販売を行っております。 New!BBL


―作例―
それぞれクリックで拡大できます。


DSC_4299-a.jpg


DSC_4306-a.jpg


DSC_4512-a.jpg


DSC_4576-a.jpg


DSC_4806-a.jpg


DSC_5266-a.jpg


DSC_5300-a.jpg
以上全て
カメラ:Nikon D5000
レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm f/1.4S BBL改造(ボケがボケるレンズ改造)
ピクチャーコントロール:ニュートラル
絞り:開放
編集:リサイズのみ
光学性能の大幅な向上によって、旧型に比べて非常に鮮鋭な絵が出るようになりました。
旧型では正直なところ殆どの写真でコントラストの編集が必要でしたが、新型では撮ってそのままでも充分に使えます。


―通常のレンズとの比較―
3bbl-a.jpg
normal:TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] / ISO100 1/500秒 F4
BBL:Nikon Ai Nikkor 50mm f/1.4S BBL改造 / ISO100 1/500秒 F1.4
normalの写真は、口径食を軽減するために二段絞って撮影しています。
BBLは開放で撮影していますが、開放でもF2.0〜F2.8相当の大きさのボケになります。
ボケを小さくする事で口径食の影響を抑えてあります。
また、撮影条件と画像の明るさから分かるように、BBLの絞り開放時の明るさはだいたいF4に相当します。
ボケの小ささと暗さはファインダー像にも反映されるため、非改造レンズに比べてややピント合わせが難しくなります。


―絞りによるボケの比較―
2bbl-a.jpg
右上:Nikon Ai Nikkor 50mm f/1.4S BBL改造 / ISO100 1/200秒 F1.4
右下:Nikon Ai Nikkor 50mm f/1.4S BBL改造 / ISO100 1/200秒 F4
F1.4の方が大きくボケますが、フォーカス位置を調整してボケの大きさが大体同じになるようにしています。
絞るとボケの輪郭線が現れてBBLの効果が薄れ、F4くらいで殆ど非改造レンズと同じボケになります。


―今後―
今回、構想初期に思い描いた理想のレンズに近い物が出来上がりました。
今後は同様の改造を別のレンズに応用する研究を進めていきます。
研究予定のレンズは「85mm F1.4」「50mm F1.4 (AF)」「58mm F1.4」等。


―販売―
お持ちのレンズ(上記の種類)に対する改造の受付を開始します。
商品:レンズ1台分のBBL改造
価格:税込30,000円(送料・手数料別)
詳細はBBL専用ページをご覧ください。
BBL/BUY



posted by たろ! at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック