2012年06月15日

簡単なピンホールレンズの作り方を紹介します。(※1)





以下、解説と作例。 各画像の下に、オンマウスで表示するコメントを付けました。


p1.jpg  p2.jpg
 必要なもの一覧。 黒い円盤はカメラ用ボディキャップ。 これと同じくらいの大きさにアルミホイルを切り抜きます。 

p3.jpg  p4.jpg
 軽く傷を付けてからハンマーで叩き割ります。 どうやらコンクリート等の上が良さそうです。 

p5.jpg  p6.jpg
 綺麗に割れました。 余計な光の入る隙間を作らないように、しっかりアルミホイルを貼り付けます。 

p7.jpg  ph.jpg
 やけにアルミホイルを凹ませるのは、視野を広くして扱いやすいレンズにするためです。(※2) 

p8.jpg  p9.jpg
 真ん中に0.2〜0.3mmの穴を空けて完成。 最後のは蓋で蓋に蓋をする不毛さに感動しただけで特に意味はありません。 



出来上がったピンホールレンズで夕暮れの街を撮影してきました。



続きを読む

posted by たろ! at 16:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 工作計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする